お問い合わせ search-icon

OpenSSL の HeartBleed 脆弱性について

OpenSSL の HeartBleed と呼ばれる欠陥についてニュースなどで報道されておりますが、弊社サイトでは問題が4月8日に公表されてから24時間以内にウェブサーバの OpenSSL を対策済みのバージョンにアップデート済みです。

curecode.jp の SSL 証明書については、再発行して4月15日までに差し替えを完了しています。古い SSL 証明書は失効申請済みです。

また今回、あわせてサーバのセキュリティ設定を見直し、お問い合わせフォームへのアクセスに SSL アクセスを必須とした変更したほか、56bit などの弱い暗号強度を使用できないようにいたしました。

キュアコード株式会社では引き続きセキュリティに配慮したサーバ運営を行なってまいります。サーバ構築・運用に関してセキュリティに関するご相談も承っておりますのでお問い合わせください。

関連記事

富山大学にてセンター試験の準備が行われるため、富山大学工学部敷地への入構制限が実施されます。 1月17日(金) 午後 弊社は通常通り営業しておりますが、外部の方は[...]

管理医療機器の販売業・貸出業の届出を行ないました。 これにより全自動血圧計などの管理医療機器を販売・貸出することができるようになり、 医療・看護に関する情報システムと[...]

【富山県のスマートフォン歩数計アプリ「元気とやまかがやきウォーク」10/1より新キャンペーンを開催】 ~GPS新ミッションも10/1開始。QRコードスタンプラリーも絶賛開催中~  医療・健康分野の[...]