[Laravel] .env に設定した APP_NAME が表示されない

通常 Laravel では .env ファイルに APP_NAME でアプリケーションの名前を設定すると思います。 そして blade のレイアウトで のように指定すれば表示されるはずです。 問題 ところが、あるサーバーで .env を のように設定してもなぜか表示されませんでした。 というように […]

→続きを読む

[Laravel] 特定サイト (URI)からのアクセスのみCSRF チェックを除外したい

Laravel の CSRF 対策機能 Laravel には CSRF(クロス・サイト・リクエスト・フォージェリ)対策の機能が備わっています。 詳しくは CSRF保護 6.x Laravel を見てください。 特定サイトからのアクセスを除外したい しかし、システム連携などの都合で、特定サイト(URL […]

→続きを読む

Chart.js で縦幅を固定、横幅のみレスポンシブに対応する

JavaSCript のグラフ描画ライブラリの1つに、Chart.js がありよく使われています。 Chart.js は canvas 要素の上に描画します。 グラフ描画領域の縦横比(アスペクト比)は canvas の HTML に width と height で指定します。 これが表示サイズにも […]

→続きを読む

Laravel でパスワードリセットメールのバリデーションエラーメッセージを表示しないようにする

Laravel 6.x で laravel/ui の認証機能を導入すると、ユーザー登録やパスワード再設定の機能が自動でついてきますよね。便利なのでそのまま使っているというケースもあると思います。 Laravel の公式でも、この機能のエラーメッセージ等の日本語訳の言語ファイルも用意されています。 問 […]

→続きを読む

CarbonPeriod で期間を逆順にする

Carbon とは PHP で日付時刻を扱う DateTime 型がありますが、これのラッパーとして高機能なクラスが Carbon です。 Carbon は便利で人気のあるライブラリのため Laravel などのフレームワークでも標準で組み込まれています。 CarbonPeriod とは Carbo […]

→続きを読む

[CSS] table の列固定に position: sticky を使用して背景色を指定すると、枠線が消えてしまう

横スクロールするテーブルについての話です。 横スクロールのテーブルの例 名前 番号 データ1 データ2 データ2 データ4 富山 一郎 A01234567 1234567890 1234567890 1234567890 1234567890 石川 花子 ZX0000000 1234567890 1 […]

→続きを読む

Laravel の php artisan db:seed で SQLSTATE[42S02]: Base table or view not found: 1146 Table エラーが発生

Laravel の php artisan db:seed を Amazon RDS の環境で実行すると、エラーが発生しました。 Groups テーブルが存在しないというエラーです。もちろん migration では groups テーブルは作成していて、show tables で存在しているのが確 […]

→続きを読む

ストレージのその他が増大する

macOS でストレージの「その他」が増大。容量不足を解消(開発者向け)

これは mac でアプリ開発を行なっている方向けの記事です。 ディスク不足 開発用に使用している macOS でストレージの「その他」が増大して、容量不足になりました。 いろいろ調べて、キャッシュの削除、iPhone のバックアップの削除、セーフモードでの起動、Spotlightインデックス再作成な […]

→続きを読む

Visual Studio 2019 16.5.5 「その他のウィンドウ」でフリーズする

現象 Visual Studio 2019 の 16.5.5 でメニューの「表示」→「その他のウィンドウ」を開こうとすると、その場でカーソルがぐるぐる回り出してフリーズし、強制終了してしまいます。これはプロジェクトを開いているかどうかなどには関係しません。 原因 Live Share のアップデート […]

→続きを読む

Xamarin.Android の Debug / Release で AndroidManifest.xml を使い分ける

Xamarin による Android 開発で Debug でビルドしたときと Release でビルドしたときのアプリのパッケージ名などを使い分けたいときがありますよね。 ビルドの度に手作業で書き換えると、抜けが出る可能性があります。 そこで Debug と Release 用に AndroidM […]

→続きを読む