キュアコード

日本経済新聞に認知症予防サービスについて掲載されました

平成29年7月21日(金)の日本経済新聞に弊社が介護施設や富山県立大学などと手がける認知症予防アプリについての記事が掲載されました。

認知症進行 自宅で予防 キュアコードなどがアプリ(日本経済新聞)

このサービスは、デイサービス利用者が在宅でもデイサービスにいるときと同じように予防活動に取り組めるようにしたもので
脳トレではなく運動や水分補給、趣味の活動を促すことで認知症予防につなげていくものです。

キュアコードとデイサービスを運営する株式会社りぼん(入善町)は6月に中部経済産業局の新連携認定事業計画を受けています。

富山県立大学の助言・監修により効果的な運動コンテンツの充実などを行なって本格的な事業化を目指します。

くま

新連携事業計画

新連携事業計画のイメージ図

関連記事

とやまICTフォーラム2016で弊社代表の土田が発表しました

2016年6月7日に富山県民会館で開催されたとやまICTフォーラム2016にて、弊社代表取締役CEOの土田がプロジェクト発表を行いました。 [...]

記事を読む

元気とやまかがやきウォーク 2018年 キャンペーン第一弾について

富山県が提供する歩数計アプリ「元気とやまかがやきウォーク」が、2018年もキャンペーンを実施します。 毎日の目標歩[...]

記事を読む

富山県ものづくり総合見本市2017にご来場ありがとうございました!

2017年10月26日(木)~10月28日(土)の三日間開催された「富山県ものづくり総合見本市2017」 株式会社りぼんさんのブースにキュ[...]

記事を読む