お問い合わせ search-icon

アプリやウェアラブルデバイスからデータを取得する臨床研究用PHRクラウドサービスPHRONTIER ® (フロンティア)リリースのお知らせ

~ デジタルヘルスケアの特長を生かしたPHR プラットフォーム で臨床研究を促進します ~

医療・ヘルスケア分野のアプリ・Webシステムを開発するキュアコード株式会社(代表取締役:土田史高 本社:富山県富山市 以下キュアコード)は、大学等の研究機関を対象とする PHR(Personal Health Record)アプリ・クラウドサービスプラットホーム『PHRONTIER®』(フロンティア)を開発し、リリースしますのでご案内いたします。

PHRONTIERロゴ

PHRONTIER は PHR データを元に、歩数・血圧・脈拍・体重などのバイタルデータの収集や、医学的なアプリの研究に役立つシステムのプラットフォームです。

歩数、体重、血圧など、 PHR をデバイスから取得。グラフィカルな管理画面で研究対象者のデータを確認。いままでにないコンティニュアスデータでの研究が可能に。

このたびスマートフォンアプリやウェアラブルデバイスを活用した臨床研究を推進するためのクラウドプラットフォームとしてリリースいたします。将来的には自治体を含め産学官連携のプラットフォームとして提供する予定です。

PHRONTIER 開発の背景

キュアコードはこれまで自治体のヘルスケアアプリを複数手がけてきました。また、大学との共同研究でのアプリ開発や、大学病院と疾患別のアプリを含めた臨床研究を行ってきました。近年では全国の研究者よりPHR を研究に使用したいという声を多数いただいております。

しかし、個別の研究のためにアプリを開発することはコストが高く、導入までの期間も長くなります。一方で既存のヘルスケアアプリを導入して研究を実施することは、医師や研究者の細かいニーズを満たせないケースも多く研究にさまざまな制約が生じます。

PHRONTIER はこういった課題を解決したいという思いから生まれました。

PHRONTIER の特長

                                                                    
PHRONTIER では、歩数計、体重入力、血圧入力、血糖値測定など、よくある機能を個別に有効・無効にすることにより、医師・研究者のニーズに沿ったデータ収集環境を用意することができます。

アプリで PHR の取得・特定の疾患のテータ取得

必要なユーザー管理機能、お知らせ配信、アンケート、CSVデータ出力などの機能を備えているため、従来よりも低コスト、短期間(当社比)で臨床研究の開始にデジタルヘルスケアアプリケーションを利用できるようになります。

具体的なニーズと活用例

  • リモートでアプリを使って健康データを収集したい。
  • 紙をやめて電子的にアンケートを取って集計したい。
  • ウェアラブルデバイスのデータを研究に使用したい。
  • 診察室で患者さんの日常のデータを確認したい。

動画

PHRONTIER 紹介動画(研究者向け)  

利用方法について

PHRONTIER のご利用には申込が必要です。以下のページより登録が可能となっています。

https://phrontier.jp

商標について

PHRONTIER® はキュアコードの登録商標です。

関連記事

商標登録証

キュアコード株式会社の産学連携・自治体・臨床研究用 PHR プラットフォームクラウドサービス PHRONTIER (読み:フロンティア)が商標登録されました。 登録第 6665646 号[...]

2023年12月29日の北日本新聞に「キュアコード 臨床研究のコスト減 プラットフォーム開発」のタイトルで記事が掲載されました。 キュアコードが大学等の研究機関を対象とする PHR(Pe[...]

第8回日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会年次学術集会

~代表による講演とブース展示も実施いたします~ 医療・ヘルスケア分野のアプリ・Webシステムを開発するキュアコード株式会社(代表取締役:土田史高 本社:富山県富山市 以下キュアコード)は、202[...]