MySQL のレプリケーション状態が Slave_IO_Running: Connecting になっているときの対処



MySQL や mariadb でレプリケーションの Slave の状態を確認するときは

のようにして、Slave_IO_Running の値を確認します。このとき

のようになっていれば正常です。一方で

のように、Slave_IO_RunningConnecting であればレプリケーションができていません。

Master 側へのアクセス権がないときにこのような状態になります。

これを修正するには Master 側で grant 構文を使い

のように権限を付けます。逆に、権限を削除したい場合は revoke 構文を使います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • キュア子の紹介

人気記事ランキング