キュアコード

セキュリティ強化のための SSLv3 対応中止について

10月15日に、暗号化通信で使われる SSL の バージョン 3.0 (以下 SSLv3) に欠陥が見つかった旨の報道がありました。これを受けて、弊社ウェブサイトにおいて、SSL v3.0 による暗号化通信をしない設定としました。

PC およびスマートフォンで最新の Google Chrome, Firefox, Safari を利用されている方には影響がありませんが、Internet Explorer 10 以前のバージョンを利用されている方は暗号化通信でエラーとなる場合があります。

Internet Explorer 10 以前をご利用の方で、弊社お問い合わせページ等にて SSL エラーとなる場合は、Internet Explorer 11 以降にバージョンアップしていただくか、以下の方法で TLS 1.2 を有効にしてください。

「推奨するアクション」の「Internet Explorer で SSL 3.0 を無効にして、TLS 1.0、TLS 1.1、および TLS 1.2 を有効にする」に従い、現在ご利用の Internet Explorer の設定を変更してください。

関連記事

経営革新計画承認のお知らせ

医療・介護・健康増進分野のシステム開発・アプリ制作を手がけるキュアコード株式会社は、2018年9月27日付けで、富山県知事より中小企業等経営[...]

記事を読む

OpenSSL の HeartBleed 脆弱性について

OpenSSL の HeartBleed と呼ばれる欠陥についてニュースなどで報道されておりますが、弊社サイトでは問題が4月8日に公[...]

記事を読む

採用情報ページを更新しました

キュアコード株式会社 採用情報 営業アシスタント・事務スタッフほか

求人・採用情報のページで仕事の内容をわかりやすくアップデートいたしました。 営業アシスタント・事務スタッフの正[...]

記事を読む