Office 2013 のプロダクトキー再設定方法


Windows のインストールイメージを作成して、複数のPC や仮想環境に展開するときに、Windows や Office のプロダクトキーを再設定するということは、まれにあると思います。ボリュームライセンスであればあらかじめプロダクトキーを設定しておけば済むのですが、そうでない場合もあります。

Office 2013 Home and Bussiness の正規のプロダクトキーを所有していて、なんらかの理由で再設定する場合、Office 2010 までの方法とは若干異なっていて、ハマったのでメモします。

方法1 コマンドプロンプトから実施

コマンドプロンプトから、OSPP.vbs というスクリプトを実行する方法です。

32bit版の場合

C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office15

64bit版の場合

C:\Program Files\Microsoft Office\Office15

プロダクトキーを用意して、コマンドプロンプトで以下のように実行してください。

ここで、

のように表示されれば成功です。

一方で、以下のようなエラーメッセージが出てうまくいかないこともあります。

このときは次の方法を試してください。

方法2 オンライン修復を実施する

コントロールパネルの「プログラムのインストール」で Office 2013 を選んで「変更」を選択します。

コントロールパネルで選択したところ

つぎに「オンライン修復」を選択します。時間がかかりますが、途中で電源を切ったりしないでください。

オンライン修復中

オンライン修復(バックグラウンドでのインストール)が完了したら、Word や Excel などの Office プログラムを起動します。

認証画面では「プロダクトキーを代わりに入力する」を選択

ここで認証を求められますが、メールアドレスを入れるのではなく、その下の「プロダクトキーを代わりに入力する」を選んでください。

あとは通常通りライセンス認証していけプロダクトキーの登録が完了となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • キュア子の紹介

人気記事ランキング