ClamAV で偽陽性ファイルをホワイトリストに追加する方法



ClamAV で、サーバ上の swf ファイルが Swf.Exploit.CVE_2014_0564-2 として検出されるようになってしまいました。

このファイルはかなり以前から利用してるものなので、誤判定 (False Positive) だと思われます。ClamAV の Report False Positive フォームから申請してみたものの、対応される気配がありません。

そこで、ClamAV のホワイトリスト機能を使って回避することにします。ホワイトリストは ClamAV のウィルス定義ファイルがあるディレクトリに、拡張子 .fp で作成します。

これで、検知されなくなるはずです。

どうしても誤検知と思われるファイルで困っているときはお試しあれ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • キュア子の紹介

人気記事ランキング